どれがいいんだろう?初めて購入するタブレットのおすすめ

さて、本日は移動中に電子書籍を読んだり、ソファで動画を楽しめ、
ビジネスでも使用する方の多いタブレットを紹介させて頂きます。
安価なタイプでは1万円前後から購入でき、Wi-Fiモデルならスマートフォンのような月額料金もかかりません。
ただ、タブレットは機種数めちゃくちゃ多いですよね・・・
いざ購入するとなるとどれを選ぶべきか迷ってしまいがち。
そこで今回は、最新タブレットの選び方をわかりやすく解説。
タブレット選びの参考にしてみてください。
電子書籍の記事も書いておりますので、↓からドウゾ♪

 

『タブレットを選ぶポイント!!』

まず初めに、タブレットを選ぶうえで大切なポイントをチェックしておきましょう。

タブレット選びのポイントは、「OS」「サイズ」「LTE対応(SIMフリー)」の3つです。

タブレット選びで最も重要なのがどんなOSか?です。

  • iPadOS(アップル)
  • Android(グーグル)
  • Windows(マイクロソフト)

この3つのいずれかを搭載しています。

♦iPadOSはiPhoneと同じように、シンプルなユーザーインターフェイス(UI)で直感的に使えるのが特徴です。

タブレットを活用するうえで大切なアプリケーションも質、数ともに充実しています。

♦Androidは、多くのメーカーからさまざまな製品が販売されています。

防水モデルや電話として使えるモデルなど、選択肢が多いのが魅力。

手ごろな価格のモデルが多いので、価格を重視するならAndroidを搭載したモデルが有力な選択肢になるでしょう。

こちらもアプリケーションは豊富にそろっています。

♦マイクロソフトのWindowsはパソコンと同じOSです。

、パソコンの操作に慣れている方にとっては、扱いやすく感じると思います。

ほかのOSに比べるとアプリケーションは少ないですが、エクセルなどのOficeを使用できます。

仕事メインで使うなら、Windowsを搭載したタブレットを検討してみましょう。

では、それぞれのタブレット見ていきましょう。

 

1.『i Pad』

                                    
                  《ボタンをクリックして広告を見る》

・アップル iPad (第8世代) Wi-Fiモデル 10.2インチ 32GB

ネットワーク Wi-Fi
液晶モニターサイズ 10.2インチ
ストレージ 32GB
チップ A12
カメラ
無線機能 Bluetooth 4.2
標準バッテリ駆動時間 10時間 ※Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生(最大)
OS iPadOS 14
174.1mm
高さ 250.6mm
奥行き 7.5mm
重量 490g
その他 ●ディスプレイ:Retinaディスプレイ
●チップ:64ビットアーキテクチャ搭載A12 Bionicチップ/Neural Engine
●カメラ:8MPカメラ
●通信方式:
・Wi-Fi(802.11a/b/​g/n/ac)、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
・Bluetooth 4.2テクノロジー
●電源とバッテリー:
・32.4Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
・Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
・電源アダプタ、またはUSB経由でコンピュータを使って充電
●サイズと重量:高さ:250.6×幅:174.1×奥行き:7.5mm 490g
●同梱物:iPad、Lightning - USB-Cケーブル、USB-C電源アダプタ

2020年9月に発売された第8世代のiPadは、iPadの頭脳であるチップに、「A12 Bionicチップ」を搭載するしており、

前モデルの第7世代iPadからCPUの性能が最大40%、GPUの性能が最大2倍にアップしています。

これにより、動画もゲームも快適に楽しめるでしょう。

一番の魅力は価格です。Wi-Fiモデルの価格.com最安価格は32GBモデルが37,700円、128GBモデルが49,000円です。

iPhoneを使用しているなら、iPadの操作も同じなので、最初の1台に是非お勧めできます。

 

2.『Android』

                           
                  《ボタンをクリックして広告を見る》

・Lenovo Tab E10 10.1型 WiFiモデル (APQ8009/2GBメモリー/16GB/スレートブラック/Android 8.1)ZA470073JP

お次はAndoridタブレットのこちら。

一番はやはり価格ですね!1万4千円前後で購入できる事が魅力です。

画面サイズも10.1インチとなり小さすぎず、大きすぎない丁度よいサイズとなっています。

こちらもまずは買ってみようか・・・という方にはおすすめできるタブレットですよ!

 

3.『Windows』

                           
                  《ボタンをクリックして広告を見る》

・マイクロソフト Surface Go(サーフェス ゴー) 10インチ MHN-00017

最後にWindowzのタブレットPCです!

私は出張時にとこちらの製品を買いましたが、非常に使い勝手が良く重宝しています。

専用のペンを使用する事でホワイトボードのようにも使えますし、メモを取るのも楽です♪

Wi-fiモデルを購入したので、単体でのインターネットはできませんが、携帯とのテザリングを使用する事で

問題なく出張先で使用可能です。

もちろんオフラインでも普通のPCとして使用出来ますので、パワーポイントでの資料作りや

エクセルでの計算も問題なく行えますよ♪

 

〜最後に〜

如何でしたでしょうか??

紹介させて頂いたのは各OSで1個ずつではありましたが、ご参考になればと思います。

タブレットで何がしたいのか?を明確にすると、使用するべきタブレットが見えてくるのではないでしょうか。

《ゲーム、動画視聴》 → iPad Andorid

《Oficeを使用したビジネス》 → Windows

なイメージですかね!?

お店でもまず触れますので、一度触ってから購入するのもオススメできます!

ではでは(* ̄∀ ̄)ゞ

おすすめの記事